2017年5月14日日曜日

第68回在日大韓基督教会関東地方会総会

4月29日 第68回在日大韓基督教会関東地方会総会が在日本韓国YMCA会館に於いて開催されました。この総会で、北上ベテル伝道所の洪雄杓(ホン ウンピョ)宣教師の加入式が執行されました。奥羽教区総会議長として出席が許され、変わらぬ支援と交わりに感謝いたしました。
 総会資料
 開会礼拝の司式 金根湜(キム グンシク)関東地方会長
 洪雄杓(ホン ウンピョ)宣教師の加入式
 出席を許された日本基督教団各教区の代表の挨拶
 選挙により選出された新三役と旧三役の交代式

張慶秦(チャン キョンテ)新関東地方会長の挨拶

大韓イエス教長老会社会奉仕部への奥羽教区内被災教会礼拝堂牧師館再建完了感謝報告

2011年3月11日の東日本大地震による被災教会への支援を在日大韓基督教会と共に韓国の大韓イエス教長老会はいち早く始めてくださいました。何度も被災地を訪問してくださり、更に大韓イエス教長老会として2億5000万ウオンを日本基督教団を通して支援してくださり、奥羽教区としては被災教会礼拝堂・牧師館再建のために用いさせていただきました。再建新築・修築としては千厩教会、新生釜石教会、宮古教会、江刺教会、大規模補修としては北上教会、一関教会に支援することができました。
この度、4月27日大韓イエス教長老会社会奉仕部の委員会に於て感謝と報告の機会を得ました。なお奉仕部の委員の方々は全員交代されていました。被災当初の委員の方々の働きについて在日大韓基督教会総会の金柄鎬(キム ビョンホ)総幹事が説明してくださいました。金柄鎬総幹事のご配慮に心より感謝いたします。
 大韓イエス教長老会の事務所のある韓国基督教百年記念会館

。 4月27日大韓イエス教長老会社会奉仕部で説明する金柄鎬総幹事

2017年4月4日火曜日

日本基督教団 国際青年会議in京都 に派遣

2017年3月28~31日 同志社大学寒梅館並びに関西セミナーハウスにおいて開催された「日本基督教団 国際青年会議in京都   エネルギー持続可能社会の実現を目指して」に花巻教会鈴木道也教師を奥羽教区より派遣しました。お帰りになられ奥羽教区事務所において報告を受けました。次回常置委員会で検討することになると思いますが、参加者としての提案を前回プレ会議に出席された松浦裕介書記と共に出したいという希望がありました。積極的に受け止めることができればと願いつつ、常置委員会の準備をしています。(写真は参加された鈴木道也教師とガイド冊子)


2017年4月3日月曜日

ハートフル釜石 3月末働きを終えました。

教団東日本大震災救援対策本部の活動として震災当初、遠野市内に拠点を置き、支援を継続する中で、「ハートフル遠野」と名称変更し、拠点を釜石市内に移して再度名称の変更。「ハートフル釜石」として仮設団地での「お茶っこ」を継続されていました。3月末日本基督教団東日本大震災救援対策本部の終了に伴い、この度3月31日をもって教団としての活動が終了しました。終了に先立ち3月21日、平田専従者の要請に応えて桜木仮設団地の最終「お茶っこ」に奥羽教区議長として出かけました。江刺からの行き帰りは雪道でしたが最後の挨拶をさせていただきました。




2017年3月15日水曜日

奥羽教区東日本大震災6年を覚える礼拝

2011年3月11日午後2時46分 大地震と大津波により奥羽教区内の太平洋沿岸にあります教会と内陸にあります教会は、被災しました。多くの被災教会の中、特に、教団救援対策本部の支援と教区の支援により、礼拝堂・牧師館の大規模修復・修築や新築工事に取り掛かった5教会は、2013年度千厩教会移転新築、2014年度新生釜石教会大規模修築、2015年度一関教会大規模修復、宮古教会移転新築、2015年度江刺教会牧師館として中古住宅取得、2016年度江刺教会礼拝堂新築を完了することができました。現在 日本基督教団より借入金残高は、宮古教会4000万円 江刺教会3350万円 一関教会260万円があります。20年間の返済に入っています。このことを覚え奥羽教区常置委員会は被災教会支援会計を継続しています。
これらの教会を覚えつつ奥羽教区内5か所 ①3月11日午後2時より北西地区青森松原教会 説教者 石川敞一牧師 出席者39名 ➁3月11日午前10時30分より北東地区大三沢教会 説教者 太田望牧師 出席者48名 ③3月11日午後2時より秋田地区秋田楢山教会 説教者 岡田いわお牧師 出席者42名 ④3月12日午後2時30分より岩手地区宮古教会 説教者 森分和基牧師 出席者61名 ⑤3月12日午後2時30分より岩手地区江刺教会 説教者 三浦洋一牧師 出席者77名(総出席者267名)で、東日本大震災6年を覚える礼拝を奉げました。岩手地区内の会場には他教区の方の出席もありました。覚えられていますことを感謝いたします。
 東日本大震災6年を覚える礼拝 式文
11日 北西地区 青森松原教会 

 11日 北東地区 大三沢教会


 11日 秋田地区 秋田楢山教会

 12日 岩手地区 宮古教会

12日 岩手地区 江刺教会

新築された江刺教会に石橋秀雄教団総会議長来訪

東日本大震災により被災し、教団救援対策本部の支援による再建事業が一番最後になりましたが、昨年11月3日献堂式を挙行することのできた江刺教会に、石橋秀雄教団総会議長と飯島信幹事が去る2月10日来訪され、視察され、教会のためご加祷くださいました。

2017年1月16日月曜日

2017年北海教区年頭修養会 1月9~10日 定山渓温泉

毎年北海教区年頭修養会に招待されています。今年は大船渡教会村谷正人教師家族を推薦しました。大船渡教会の協力のうちご家族で出席してくださいました。
大雪の天候のため帰り、花巻空港に駐車中の車は氷柱ができていたようです。
祝福に満たされたことでしょう。出席お疲れさまでした。


 講演会の様子
 こども修養会の様子
札幌市内での村谷正人教師

1月9日 東京教区北支区信徒大会 於 信濃町教会

2010年秋から具体帝に交流を始めています東京教区北支区から信徒大会のために開会礼拝説教と「農」に関する講演会依頼があり、常置委員会で協議のうえ、後援者は二戸教会員白木功兄として派遣することにしました。
1月9日信濃町教会に90名以上の方がお集まりになりました。
東日本大震災以降 毎年のように被災教会を訪ねてくださった皆様に感謝と、現況の報告をさせていただきました。
 更なる交わりを祈りあいました。
また 韓国に宣教師として出かけていて帰省中の長尾有起教師の挨拶もあり、今後の活動のためにも祈りました。


 開会礼拝説教 邑原奥羽教区議長
 講演会     白木功兄

 開会礼拝前
各教会の紹介
大久保正禎北支区長の挨拶
伝道部 持田侑宏兄  祈りと交わりの手帳の説明
林節子実行委員長により実行委員の紹介
二階で昼食 元支区長 山本裕司教師
まず賛美をして講演を始める白木功兄
講演中
長尾有起宣教師の挨拶

2017年奥羽教区事務所の仕事始め

新しい年も主の祝福を祈ります。

冬期休業を終えて1月6日奥羽教区事務所の仕事はじめ
主事補と事務員と休業期間中にたまっている郵便物の整理、納入金の整理と忙しく働く中にお邪魔しました。幼児施設教職員修養会の開会礼拝献金や水沢北上江刺3教会合同新年礼拝の献金を届けました。
                      岩手山
奥羽教区事務所の

第43回奥羽教区キリスト教幼児施設教職員修養会 2017年1月4~5日 於 ホテル志戸平

毎年1月最初に開催される奥羽教区の集会は、キリスト教幼児施設教職員修養会です。 教区内の各施設から岩手県花巻市のホテル志戸平に52名集いました。
主題「自分を好きになる―君はOKだ!―」 講師 飯塚拓也先生(新・幼保連携型認定こども園ぶどうの木竜ケ崎幼稚園 園長  竜ケ崎教会牧師)
 開会礼拝 村岡博史教育委員長

 講師 飯塚拓也先生
 歌の時間  みんなで
 歌による絵本の読み聞かせ